義歯(入れ歯)

あけのほしデンタルクリニックの義歯(入れ歯)治療

レジン床

レジン床

レジン床義歯(保険診療)は、主にレジン(プラスチック)で作られています。そのため熱が伝わりにくく、食べ物の温度が感じにくいです。お口に熱い物を含んだときの感覚が弱くなってしまうこともあります。また、プラスチックなのでうっかり床に落とすと割れてしまうことがありますが、簡単に修復可能です。

金属床

金属床

金属床入れ歯(自費診療)は、主に金属で作られていて、歯茎に当たる部分はレジンで覆われています。床の部分は金属で作られているので、プラスチックよりも薄く作ることができます。また、レジン床より熱が伝わりやすく、食べ物の温度を感じやすいです。また、違和感もさほどありません。強度が高く、床に落としても割れる心配はありません。

磁性アタッチメント

歯根が残っている場合に適用できる入れ歯の固定方法の1つです。残っているご自分の歯根を利用して、歯根の中に小さな磁石を入れます。そして、義歯にも磁石をつけて、強力な磁力で固定するのです。フィット感に優れていて、ぐらつく心配もありません。また、取り外しも横にずらすだけで簡単にできます。

シリコンデンチャー

硬い入れ歯の裏面を「生体用シリコン」で覆います。このシリコンがクッションになるため、物を噛んだときに歯茎にかかる負担を和らげることが可能です。「入れ歯が痛くて強く噛めない……」「入れ歯がゆるくて外れやすい……」という問題も解消できます。