審美歯科

審美治療の多くに使われている素材「セラミック」とは?

審美歯科

セラミックという素材は、生体親和性が非常に高く、機能も天然歯を変わりません。見た目も自然で美しく、多くの審美治療で採用されています。

ジルコニアセラミッククラウン

オールセラミック

ジルコニアフレームにセラミックをコーティング。メタルを使用していないため、歯茎の黒ずみの心配がなく、また金属アレルギーの方にも使用できるようになりました。

ファイバーコアを使うことにより、透明感を出すことができます。
最も審美性が高いセラミック治療です。

メタルボンドセラミッククラウン

メタルフレームにセラミックを焼き付けたクラウン。最も一般的なセラミック治療です。

術前

術後

セラミックインレー

ハイブリッドセラミックインレー

全てセラミックでできた、部分的に補修する詰め物です。

ハイブリッドセラミックスとは

プラスチックにセラミックフィラーを配合した素材です。
セラミックに比べ弾力性はありますが、長時間の使用による変色や耐摩耗性において、やや劣ります。

ハイブリッドセラミッククラウン

全てハイブリッドセラミックでできたクラウンと、金属フレームにハイブリッドセラミックをコーティングしたクラウンがあります。
ブリッジの症例やインプラントには金属フレームのハイブリッドセラミッククラウンを使用します。

ハイブリッドセラミックインレー

全てハイブリッドセラミックでできた部分的に補修する詰め物です。
気軽に部分的な金属を白くするのに最適です。