インプラント

優れた特徴を持つポピュラーな治療 インプラント

インプラント治療とは?

インプラント

インプラント治療とは、何らかの原因で歯が失われた部位の歯槽骨(顎の骨)にインプラント(人工歯根)を埋めて結合させ、その上から人工歯を被せることです。天然歯と同程度の咬合圧があり、噛んだ際の違和感はありません。また、形態も天然歯に合わせることが可能なので、見た目も自然な仕上がりです。

治療の流れ

治療の流れ

手術は専門医が担当しているので、患者さんは安心してインプラント治療に臨んでいただけます。

1.カウンセリング

患者さんのお口のお悩みやご要望をお伺いします。リラックスしてお話ください。

2.診断・治療計画の説明

一般検診(虫歯・歯周病)を行い、お口の中を撮影します。また、レントゲン撮影をして噛み合わせなどの検査も併せて行います。診断結果やカウンセリング内容を基に治療計画をご説明し、ご納得していただけたら治療開始です。

3.術前処置

虫歯・歯周病がある場合は、インプラント治療を受ける前にそれらの治療を行います。治療せずに手術を行ってしまうと、インプラントを埋入した後に「インプラント周囲炎」などを引き起こす可能性があるためです。衛生状態を良好にして、正しい噛み合わせに整える準備をします。

4.インプラント埋入(1次手術)

麻酔をしてから歯槽骨を削ってインプラントを埋め込み、歯茎を閉じます。麻酔を使うので、痛みはありません。

5.1次手術終了

患者さんの手術後の状態を確認し、手術後の注意点をご説明します。

6.治癒期間

埋め込んだインプラントと歯槽骨が結合するまで治癒期間を設けます。治癒期間は患者さんの骨の状態や位置によります。この期間中は仮歯を使用するので、生活に支障はきたしません。

7.人工歯装着(2次手術)

治癒期間が過ぎて、インプラントと歯槽骨が結合したらインプラントの上に人工歯を装着します。

8.定期検診・メインテナンス

人工歯を装着してもインプラント治療は完了ではありません。インプラントを長持ちさせるために、定期的に歯科医院へ足を運び検診を受けるようにしましょう。また日々の正しい歯磨きで、お口の中を清潔に保つことが大切です。

メインテナンス

メインテナンス

上記でもお話した通り、人工歯を装着してもそれで完了ではありません。インプラントを快適に使い続けるには、毎日の正しい歯磨きはもちろん、歯科医院での定期検診が大切なのです。ちょっとした変化は患者さんではなかなか気づくことができません。インプラントは天然歯のような防御機能がないので、きちんとメインテナンスする必要があるのです。