一般・予防歯科

当院のご紹介

虫歯治療

虫歯治療

当院では歯をできる限り削らず、痛みを最小限に抑えた治療を目指しています。虫歯治療では、治療に入る前に患者さんのお口のお悩みやご要望をしっかりとカウンセリングし、患者さんに最適な治療法で進めていきます。

治療法

神経がなくなった歯は死んでしまい、次第に亀裂が入って、歯が割れてしまうので、抜歯しなければいけません。ですから当院では、歯の神経を極力保護するようにしています。

治療法は下記の3つを採用しています。

つめる

虫歯の浸食が小さい場合は、プラスチックや合金などを患部につめます。

術前

術後

補う

歯を抜いた後や歯の欠損部は、インプラントや義歯(入れ歯)、ブリッジなどで欠損部を補います。当院では健康面と審美面を考慮して、患者さんに合った方法をご提案しております。

被せる

被せる

歯の神経を取った場合やたくさん虫歯がある場合は、セラミックなどで患部を被せます。

虫歯の原因とは?

虫歯の原因

細菌(ミュータンス菌など)による感染が虫歯の原因です。細菌が糖分を分解し、多糖体・グルカンという物質を作り、歯垢はもちろんバイオフィルムという虫歯や歯周病の原因となる細菌の塊を形成するのです。

症状

まず、エナメル質表面が白濁し始めます。この段階ではまだ自覚症状はありません。そのまま放置すると、冷たい物がしみるようになります。虫歯が象牙質に達してしまうと、食べ物などの刺激によって痛みを感じるようになり、もっと進行すると歯髄炎(しずいえん)になってしまいます。歯髄神経が細菌に感染して歯髄炎になると、熱い物や冷たい物などを口にすると激痛が走るようになります。

歯周病治療

歯周病治療

歯周病とは歯を支える歯槽骨(顎の骨)や歯茎が炎症を引き起こす病気です。治療せずにそのままでいると歯茎が腫れたり出血したりして、最終的には歯槽骨が溶けて歯が抜け落ちてしまいます。他人事ではなく、実は30歳代を過ぎた方の約90%が歯周病の症状を持っているといわれているのです。また、40~50歳代の方が歯を失う原因の約50%は歯周病ともいわれています。

歯周病

「歯がぐらぐらする……」「歯磨きをすると血が出る……」「歯茎が腫れている……」といった症状をお持ちの方は歯周病の可能性があります。歯周病によって歯槽骨が溶けてしまうと、二度と元に戻すことはできません。早期発見・治療は大事です。また、歯周病にかからないように歯科医院で定期的に予防歯科を受けるようにしましょう。

治療法

手用の器具、または超音波器具を使用して、歯の表面に付着した歯周ポケット内部の歯垢を取ります。そして、歯の表面を滑らかにします。

あけのほしデンタルクリニックが行う予防歯科

定期検診

虫歯や歯周病などは治療後のケアが重要になってきます。上記でもご説明した通り、歯科医院で定期的に予防歯科を受けるようにしましょう。早期発見・治療が大切です。

PMTC

PMTC

PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、歯科医院でプロが行う歯のクリーニングのことを指します。普段の歯磨きでは届かないところや落ちない汚れなどを専用機器で綺麗に除去します。専用機器を使用するといっても痛みは感じません。

フッ素

フッ素とは、いわば「歯の栄養剤」です。フッ素を歯に塗布することで表面のエナメル質を強化し、酸によって歯が溶けるのを防ぎます。また、酸によって柔らかくなり始めたエナメル質を再び硬くする作用も持っているので、予防には最適です。

当院ではお子さんの診療も得意としていますので、お気軽にご来院ください。