訪問歯科診療

訪問歯科とは?

「訪問歯科」とは、歯のことで困っていても歯科医院に通院できないでいる人を対象に、歯科医師や歯科衛生士が自宅や施設に訪問して治療することをいいます。

細かく分けると、“歯が急に痛くなった”とか“入れ歯が合わなくて困っている”といった人の求めに応じて訪問治療を行うことを「往診」といい、定期的な日時を決めて訪問してケアや治療を行うことを「在宅診療」といいますが、一般的に両方をあわせて「訪問歯科」と呼ばれています。

受けられるのはどういう人?

自分で近くの歯科医院まで通うことができない正当な理由がある人に限られます。具体的には“高齢で介護を受けている人”や“身体が不自由で通院が難しい人”が対象となり、通うのが面倒、通う時間がない、といった理由での保険診療は認められません。

もうひとつは、歯科医院から半径16キロ以内に自宅や施設があることです。訪問歯科の診療を申し込む際には、訪問範囲内かどうかを確認してください。

どういう治療ができる?

基本的には、歯科医院で保険治療として行われているほとんどの治療を受けることが可能です。但しまれにですが、訪問診療用の機材では対応しきれない場合もあります。

費用はどのくらいかかる?

治療には、医療保険と介護保険が適用されますので、それぞれ定められた分の自己負担金がかかります。
医療保険の点数には、訪問診療料が加算されます。自己負担金は1割から3割までとなりますが、「生活保護受給」や「心身障害者医療受給」による公費負担がある場合もあります。
介護保険を利用した場合、訪問歯科診療はケアプランとは別枠となり、介護保険の自己負担金が発生します。

診療内容

以下を中心に承りますが、訪問診療用の機材で対応出来るものと出来ないものがございますので、お電話、メール等でお気軽にご相談ください。

  • 虫歯や歯周病の治療
  • 入れ歯の作成や調整・修理
  • 口腔ケア
  • 摂食嚥下障害のリハビリテーション

治療の流れ

医師と歯科衛生士や歯科助手が、ポータブル歯科機材をもって訪問致します。 治療は、イスやベッドの上などで行われ、1回の治療には約30分程度かかります。 また、口腔ケアやリハビリテーションでは、口腔内の清掃だけでなく、歯ブラシを使ったリハビリから発声によるリハビリまで、幅広いケアが行われます。

治療が終わったら、次回の予約や自己負担金の支払いを行って終了です。

診療内容

診療内容